FPSって何?

ゲームのジャンルの一つにFPSと呼ばれるものがあります。

以前からのゲームのジャンルの分類に慣れている人にはなんのことだかわからないかもしれません。

このFPSとは「First Person Shooter」の略称です。

日本語にすると「一人称シューティング」といいます。

つまりシューティングゲームの一種なのです。

しかし、従来のシューティングゲームを思い浮かべると少し違和感を感じるかもしれません。

どちらかというとアクションゲームに近い印象も受けます。

この二つのジャンルの中間に位置するものといえるでしょうか。

一人称という名称がついているように、プレイヤーキャラクターの視点でゲーム画面がなりたっている点が最大の特徴です。

主人公の背中が見える状態、あるいは腕などが見える状態のものが多く、プレイヤーと完全に視界を共有してプレイすることになります。

そのため非常に臨場感のあるプレイが楽しめるのです。

銃を使い、戦場を舞台にしたものや、剣や斧を武器にしたファンタジーを舞台にした作品などが多く、日常生活から離れた別世界へといざなってくれます。

このFPSが人気を集めようになった背景にはグラフィック能力や処理能力の向上が挙げられます。

高性能やパソコンやゲーム機が登場することにより、これまで以上のリアリティをゲームで味わうことができるようになったのです。

最近ではオンラインでの対戦機能がついたFPSもあります。

慣れない人がやると滑らかな画面の動きに酔ってしまうほどのリアルな動作が楽しめるFPS。

現在もっともゲームの醍醐味を味わうことができると言われるほどの人気ジャンルなのです。