自動車整備士 資格取得方法

自動車整備士は、国家資格です。

この自動車整備士の免許を持っていると、自動車全般の点検や調整修理などを行うことができます。

また修理を行うだけではなく、日常での自動車の安全確保と、排気ガスなどによる公害を防止する役割も担っています。

自動車整備士は自動車に関するスペシャリストであるともいわれています。

この自動車整備士は、自動車やエンジンの形態によって細分化されています。

1級から3級までの整備士資格のレベルもあります。

この自動車整備士の資格を取得する方法は、二つあります。

一つは実務経験のみで自動車整備士の資格を得ること。

義務教育卒業程度の学力を有し、整備作業に関する実務経験が1年以上あることで3級整備士の受験資格が得られます。

資格取得後一定期間の実務経験を経て上級の試験を受ける資格を得ることができます。

一番の近道は、高校や大学・職業大学校などで自動車整備に関する科目を履修する事です。

履修した学科によっては、実務経験が必要になりますが、自動車整備士の養成課程を修了すると、3級自動車整備士の受験資格を得ることができます。

その後実務経験を経て上級試験の受験資格を得ることができます。

このほかにも、公共職業訓練校などで自動車整備などを規定時間以上学んだ方も自動的に受験資格を得ることができます。

いずれの場合も、3級整備士から始まりステップアップの後に1級整備士を取得するスタンスになります。

キャリアを積み腕を磨くことでステップアップができる資格ですので、仕事上でもやりがいを感じることでしょう。