紫外線と抜け毛の関係について

夏の昼間は強烈な紫外線が降り注いでいます。

太陽の日を存分に浴びて真っ黒になるのが健康的、などというのは一時代も二時代も昔の話です。

今では太陽の紫外線を浴びることは、シミやソバカスなどの原因となるばかりか、皮膚癌などのリスクも高くなり、また目の神経にとっても良いものではないと報告されています。

また紫外線は家の中にいる時でも安全とは言えません。

通常のガラスであれば約半分の量の紫外線はガラスを通して入ってくるからです。

髪の毛が太陽の光にあたると、紫外線の影響でキューティクルがダメージを受けてしまい、剥がれやすくなります。

髪の毛自身には再生機能はないため、こうしてキューティクルが剥がれてしまうと、中にあるタンパク質も失われることになり、髪や切れたり細くなったりします。

頭皮が紫外線にさらされた際のダメージも深刻です。

頭皮は普段は滅多に紫外線にあたることはありませんから少しの時間、紫外線を受けただけでも、頭皮の皮質が過酸化皮質に変化してしまい、脱毛の原因となってしまいます。

最近の太陽の光はオゾンホールの消失などで、場所によっては異常に強いダメージを与えることがありますから要注意です。

こうした紫外線から頭や髪を守り抜け毛を少なくするには、帽子や日傘の使用が欠かせません。

特に帽子はなるべくつばの広いものを選び、また風通しの良い素材のものを選びましょう。

通風の悪い帽子の場合には熱気が帽子内部に貯まって。

頭皮に逆効果となることもあります。

また日傘は必ずUV仕様のものを購入しましょう。