ストーンマッサージの効果

ストーンマッサージは薬石と呼ばれる医学的に効用のあるストーンを用いて行なわれるマッサージで、体にとっていろいろな効果があるといわれています。

その中でも大きな効果を実感できるのが、肩こりなどのコリです。

私達の体は肩こり以外にも、頭や首がこったり、背中や腰がこったり、足や腕がこったり、体中がこってしまいます。

この「コリ」は血流が悪くなるために起こる症状の一つで、体が疲れてくると体の弱い部分がコルという特徴を持っています。

ストーンマッサージでは、マッサージをしながら血流を正常な状態に戻してくれるので、体のコリも少しずつ解消していくようです。

ストーンマッサージをマッサージにどのように使うのか、とっても気になる方も多いと思いますが、石は温めて血流を活発にする目的で使われます。

指やヒジで指圧を受けるような感じで、指やヒジの変わりに石が使われているので、ただの指圧よりも大きな効果が期待できるようです。

また、ストーンマッサージはもともと東洋医学から発症した民間療法の一つです。

効果的にツボを押しながら体調を整えることで、五臓六腑を健康な状態にバランスよく整えてくれるという効果も期待できます。

自律神経失調症の治療にも使われたりしていますし、冷え性やムクミなどの解消法のひとつとしても利用される事もあるようです。

石を使ってつぼを刺激することでただの指圧よりも大きな指圧効果を得ることができるストーンマッサージ。

鍼灸院などで治療の一環として行っている場合もあります。

ぜひお試しください。