サプリメントアドバイザーって?

サプリメントアドバイザーとは、サプリメントをはじめとする、健康食品の摂取方法などをアドバイスする専門家です。

特にアメリカでは、医療費が高額であるため、「自分の健康は自分で守る」という意識が強く、このサプリメントアドバイザーによる健康管理が広く行なわれています。

2002年に日本でも、厚生労働省によって「保健機能食品等に係るアドバイザリースタッフの養成」についてのガイドラインが制定されました。

「多種多様な保健機能食品が流通するなか、消費者が自らの食生活や健康状態に応じた食品を、安全かつ適切に選択し、摂取するためには、これらの食品の成分や機能、活用方法などについて理解し、正しい情報を提供できる助言者が必要である」と明記されています。

現在、多くの人々が、膨大なサプリメントから任意で栄養素を選び、日常生活の中で当たり前のように摂取しています。

健康や美容に対する関心が高まるにつれ、サプリメント市場は今後ますます拡大していくと予想されていますが、一方で、健康食品に対しての詳細な知識を有している人というのは、それほど多くありません。

皆さん何となく「効きそうだから」という理由で摂取している方が大半ではないでしょうか。

サプリメントアドバイザーは、いわば薬局における薬剤師のように、専門的な知識に基づいて、「必要なサプリメント」を消費者に提供する仕事です。

必要な栄養素を過不足なく食事から摂取するのは困難とされる現在、サプリメントアドバイザーが活躍する場は今後ますます増えていくと予想されています。