多重債務にならないために

キャッシングやカードローンを利用するにあたって、最も気を付けなければならないのが多重債務です。

多重債務とは、債務者が借入時点で自分の債務返済能力以上の債務を抱えている状態を指します。

通常、節度をわきまえた利用の仕方なら、多重債務は発生しません。

しかし、現実に沢山の多重債務者がいるのは何故でしょうか。

多重債務の主な原因は、自分の収入に見合った借入れを行っていることです。

特に、借入れ時点で返済金額を考えずに買い物したり、無理な返済計画を立てたことで返済が遅れてしまい、新たな借金を作ってしまう場合が大半です。

また、自動車や住宅などの高額な買い物により、過重な負担を強いられてしまい、その返済に困った挙句にヤミ金に手を出してしまうケースすらあります。

その他、長引く不況や企業の倒産・リストラによって、収入が減少してしまったり、ボーナスを返済の一部に充てていたにも係わらず、ボーナスが減額されたり支払われずに、返済できないケースが増えています。

多重債務にならない為には、キャッシングを利用しないことが一番です。

とは言っても、何かの理由でキャッシングを利用する場合には、まず返済可能な金額を試算しておき、その上で何年計画で返済するか、毎回の返済額がいくらまでなら家計に影響を与えないかシミュレーションするようにしましょう。

また、契約するキャッシングやカード会社の金利がいくらか調べておくことで、実際に支払うべき金額がいくらになるか、最も安い会社がどこか調べておくことも大切です。